カブトムシ&シマトネリコ

2019.08.17 Saturday 11:57
0

    台風が過ぎ去り、お盆も終わり

    数日前からツクツクボウシの声も聞こえるようになりました。

    羽裏がシルバーに輝くウラギンシジミと言う小ぶりな蝶の姿も見られるようになり

    個人的には秋を感じています。

     

    でも  まだまだ暑い!

     

    ところで最近

    カブトムシが意外によく見られるようになったようです。

    都市部でも木の小枝をチップ化して堆肥にする傾向があり

    幼虫が育つ環境が身近にできたことが一つの要因だそうです。

     

    そしてそのカブトムシ君、

    山ではクヌギなどの樹液を求めて夜から早朝にかけて活動しますが

    都市育ちの子たちは何と

    今やそこらじゅうのお宅に植えられている

    ”シマトネリコ”という樹木に群がるのです。

    カブトムシにとってこの樹液は甘くておいしいらしいのですが

    クヌギの樹液のように、他のクワガタとかタテハチョウは見向きもしません。

    これは強靭な顎を持つカブトムシが自ら樹皮を削り、蜜を独り占めにしているのです。

     

     

    ぬく森の畑に植えてあるシマトネリコにもやってきます。

    数年前には毎朝30匹ほど群がり、毎日町中の保育園に配りに回ったこともありましたが

    ここ数年は10匹程度です。

     

     

    温暖化によるものか分かりませんが

    シマトネリコに群がるのはクマゼミかカブトムシ・・・

    30年前には考えられない光景です。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    第1回 ぬく森”お茶べり会”参加者募集中!!

     

     

     

     

     

    category:- | by:HIROcomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    Selected entry
    Archives
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM