鹿児島産ルバーブのジャム、販売はじめました

2019.06.09 Sunday 16:49
0

    Tea roomよりお知らせです!

     

    ルバーブ・・・

    ご存じの方も多いかと思いますが、ヨーロッパではお馴染みの野菜です。

    西洋フキとも言われますが、キク科の日本フキとは別物でタデ科の植物です。

    ”蓼食う虫も好き好き”と言われるように

    タデ科の仲間には酸味、苦みがあるものも多く

    雑草のスイバもこの仲間です。

    ルバーブも同じで、この酸味を生かしてジャムにしたり

    いろいろなお菓子にも最近では使われるようです。

     

     

    ところでこのルバーブ、シベリア原産なので

    暑さがとっても苦手なんですね。

    日本では、北海道や長野県の一部で栽培されているようですが

    数は少ないようです。

     

    ぬく森ではこの度

    暑さに弱いルバーブを、なんと南九州で栽培し始めた生産者と提携し

    ジャムとして販売することになりました。

    九州の鹿児島と言えば南国というイメージですが、山間部では夏でも朝晩は涼しく

    むしろここ愛知の方が格段に暑いぐらいです。

    ヒグラシとカエルの長閑な音色、夜空を見上げれば満天の星屑

    蛍が飛び交い、獣たちも共存するこの地は

    まさに、日本の原風景です。

    このすばらしい環境にある里山で、無農薬、有機栽培にこだわり

    魂を込めて育て上げた”赤いルバーブ”を

    ぬく森が愛情を込めて、ジャムにしました。

     

     

     

    ルバーブは体にいいものがたくさん入ってるんですね。

    カロテン、ビタミン、ナイアシン、葉酸・・・・・・

    とにかく健康な体を維持するためのとってもいいものがいっぱい

     

     

    こんな赤いルバーブのジャム、まだまだ国内では希少です。

    生産量も今年は限定販売のみですが、来年からは本格的に販売の見込みです。

    この機会に是非ご賞味ください。

     

    尚、明日15日(土)・16日(日)は

    ジャムの他、生のルバーブ300gを3束限定で販売いたします。

    ご自分で加工されたい方におすすめです。

    来年のご予約も承ります・・・

     

    明日はちょっと荒れた天気になりそうですが

    あなたにとって、良い週末となりますように

     

     

     

     

     

    category:- | by:HIROcomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    Selected entry
    Archives
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM