春!地べたに這いつくばろう

2020.03.21 Saturday 16:46
0

    暖かな土曜日、仕事前のほんの一時・・・

    ファームの草むらを這いつくばってみた。

    草の匂いと、風に運ばれてくるサクランボの花の香りが脳を刺激する。

    世界中が混乱し身の周りでも暗い話が多い今、気分を癒してくれるのは自然。

    大地(土)を耕し、植物に触れ、虫たちと戯れる。

    こんな簡単なことで人の心は救われますね。

     

    這いつくばって見えたもの

    麦の葉に付いたアブラムシ集団、それを捕食する数匹のテントウムシとその幼虫。

    害虫とか益虫とか勝手に区別され、殺虫剤を撒かれ共に命を落とす。

    自然界の多様性に人が手を出すことではないので、そっとしておこう。

     

      

    サクランボの花もじっと眺めてみた。

    もう終わりかけの花にせっせと花粉を集めている日本ミツバチがたくさん・・・

    昨年、ダニの影響なのか大所帯の巣箱が全滅になりショックを受けたが

    分蜂時期の前にとりあえず巣箱を置いてみた。

    自然に入ってくれれば言うことないが、もし分蜂群を見つけたらすぐに入れられるようにと・・・

    蜜源としての環境は申し分ないが周りの除草剤枯れの風景をみると

    心が痛みます。

     

    50年前の自然環境に戻したいです。

     

    category:- | by:HIROcomments(0) | -
    Comment