縁あって鹿児島県姶良郡蒲生町漆に・・・

2018.08.31 Friday 22:58
0

    樹齢1500年の蒲生の大クスや武家屋敷が残る蒲生地区から北へ30分ほど走ると、突然現れる田園風景。

    “漆”という農村です。ここは日本でも有数な里山の原風景が残る場所。

    のどかな田畑が広がり漆黒の闇に星が輝く、ホタル舞う現風景は昔のままだと言われています。

    この人里離れた静かな場所に、縁あって時々行くことになりました。

    私はこの場所を”心のふるさと”と思っています。森に囲まれた田園に小川が流れ、生態系が崩れることなく

    生物多様性が保たれている大地は、言葉では表現できないほどのエネルギーやパワーを持っています。

    五感で感じ、感性を育むこの場所で何かできないかと考えています。。

     

    もし鹿児島の方、蒲生周辺の方がこの記事を見ていただいて、

    何か感じるモノがあったなら是非お声がけください。

    個人の方、同業者、異業種の方、プライベート、ビジネス問わず

    愛知県の小さなガーデン業者と交流しませんか

     

    Mail ikoi@nukumori-garden.com    仲野浩之

     

     

     

     

     

    category:- | by:HIROcomments(0) | -

    水場(水栓)完成

    2018.08.02 Thursday 15:39
    0

      毎日暑い中、パラソルと大型扇風機で体温をさましながら

      スタッフと共にレンガ積みました。

      荒めの目地仕上げで、アンティークな色合いのレンガが素敵です。

      こんな空間あったら外に出たくなりますね。

                     

                   日進市 T邸

      category:- | by:HIROcomments(0) | -

      屋上ガーデン

      2018.07.28 Saturday 11:59
      0

        ガレージの上で風に揺れる木々たち・・・

        ここは地上4mの高さにある屋上ガーデン

        施工して1年ちょっと、お客様の管理が行き届いているおかげで

        この猛暑の中、雑木林の植生が根付きはじめてきました。

        傾斜地(土手)を利用した植栽は、植物が元気に育ちます。

        もちろん適度に木陰を作らないとだめですが・・・

        人は樹木によって生かされています。

        猛暑が続く今年の夏、つくづく実感しています。

         

         

         

         

         

        category:- | by:HIROcomments(0) | -

        気ままにギター

        2018.07.08 Sunday 13:58
        0

          5月27日投稿のつづき・・・

           

           

          あれからくじけることなく、ほぼ毎日30分から1時間程度

          ギターに触れてきました。

          コードもいくつか覚えましたよ G・C・D・A・E・Em・Am・Dm・E7

          すべて初心者向き

          まだまだバレーコードなんてできません(覚えようとも思ってないし)(笑)

           

          でも

          これだけのコードでも適当に弾くと

          何だか曲っぽく聞こえる

          ギターって

          やっぱりギターって楽しいね

           

          練習用にと本を買いました。

          ”セーハーなし!のギター弾き語り50”

          コード8個までの定番曲の中から

          乾杯と島人ぬの宝をマスター?

          指の動きも少しずつ良くなってきた・・・感じです

           

          あとは語らなければ・・・

          弾き語りにならない

          歌いながらはむつかしい!

          歌詞も覚わらないし(泣)

           

          まあ毎日戯れてれば

          そのうちできるでしょう

          5?の手習い、気ままが一番

           

           

           

           

           

           

           

          category:- | by:HIROcomments(0) | -

          こいつも天敵だったんだ!

          2018.07.01 Sunday 09:00
          0

            日本ミツバチの天敵と言えば、スズメバチがよく取り上げられますが、

            この子も危険だったのですね。

            襲われたのは、うちの子に違いない

             

            シオヤアブ・・・

            獲物の背後から抱き付き、体液を吸い取るのだそうです。

            毒はなく、人を襲うことはないらしいのですが

            刺されると腫れるそうです。

            弱肉強食、自然界の持続サイクルですね。

             

            category:- | by:HIROcomments(0) | -

            ぬく森スタッフ ”ユンボ” 君の入院

            2018.06.30 Saturday 16:00
            0

              庭の工事で片腕となって活躍してくれる 0,08(コンマゼロハチ)のちっちゃなユンボ

              中古で買って20年・・・

              キャタピラーが緩んでダルダル、いつ外れてもおかしくない状態。

              バケットはピンの穴がすり減ってガタガタ・・・

              これは可哀そうだと、5日間入院させました。

               

              3年前にお世話になった天白のユンボ専門修理屋さん

              古い機械なので、キャタピラーを外すボルトが緩まず、バーナーで溶断しての

              部品交換、ピンの穴は溶接で盛ってヤスリで削って微調整・・・

              さすがプロ!

              おまけにクラクションも鳴るようにしてくれて、ライトも取り付けてもらいました。

              あとは、自分で塗装し直そうかと思ってます。ぬく森色に・・・

               

              まだまだ現役で働いてもらわないといけないので

              時給上げるから頑張ってもらわないとね。

               

              ちなみにここの修理屋さん、間違いなくいい仕事してくれます。

              重機の修理、購入希望の方は紹介しますよ。

               

               

               

              category:- | by:HIROcomments(0) | -

              美しいジェット機

              2018.06.17 Sunday 21:56
              0

                ケヤキの近くで発見!

                まだ羽化したての、緑色が美しいスズメガ君・・・

                ごく普通にいる種類だが、こんな綺麗な成虫を見るのは初めて。

                名前は”ウンモンスズメ”

                ジェット機のようなシャキッとした翼(羽)

                キリっとした触覚と眼差し 

                かっこいいね

                生まれたての頭のフワフワ感もたまらない

                 

                幼虫はケヤキの葉っぱをムシャムシャ

                苦手の人が多いと思うので

                敢えて画像は載せません。

                が、虫ってよく見るとかわいいですよ。

                category:- | by:HIROcomments(0) | -

                イギリスっぽい風景?

                2018.06.09 Saturday 14:05
                0

                  コッツウォルドストーン(ハニーストーン)に

                  ラベンダーはよく似合う。

                  絵になる。

                   

                  ロベリア、ゼラニューム、ベゴニア、ホクシャ

                  この辺を寄せ植えにして、ハンギングにすれば

                  もっとヨーロッパ風になるのだが・・・

                  なんせ、日本の夏(愛知)は暑すぎる。

                  あれを再現することはできないだろう。

                   

                  昨年作った、

                  コッツウォルドストーンのウォーリンングとゲート

                  Bibury、 Castle Combe・・・・・・ 

                  のような風景になるといいな

                   

                   

                  category:- | by:HIROcomments(0) | -

                  ぬく森のトンボ

                  2018.06.09 Saturday 13:48
                  0

                    ここ数年、5月から6月にかけてぬく森周辺では

                    コシアキトンボの乱舞が見られます。

                    全身は黒色で、腹部の白い(黄色)部分が空いているように見えるために名づけられたらしい。

                    今日も庭の樹林で羽を休める姿が多数見られ

                    前の道路上でも風に乗って何十匹が滑空しています。

                     

                    最近、シオカラトンボは少なくなったように思いますが、

                    ここは池の端、これから夏、秋にかけて

                    イトトンボの仲間やハグロトンボ、オニヤンマ、

                    そしてアカトンボに間違えられるショウジョウトンボなど

                    いろいろなトンボたちが目を楽しませてくれます。

                    是非お立ち寄りくださいね。

                     

                    *コシアキトンボを見に来た・・・

                     と言ってTea roomにお越し頂いた方には

                     ささやかなサービスをいたします(笑)

                     

                    では良い週末を・・・

                     

                     

                    category:- | by:HIROcomments(0) | -

                    50?の手習い

                    2018.05.27 Sunday 16:25
                    0

                      好奇心旺盛な私・・・

                      若いころからやりたいことの一つにギターがあった。

                      学生だったあの頃、友人が弾いているのを見て

                      かっこいいとあこがれたこともあった。

                      でも当時はそれ以上にやりたいことがあって、

                      夢中になることもなく、月日が過ぎていった。

                       

                      そもそも自分には音楽の才能もなく、憧れだけであり

                      ギターは遠い存在であった。

                      あれから40年近く経った今、

                      まさにそのギターと戯れている。

                       

                      実はこの40年近くの間に、数回ほんの少し挑戦したことがあった。

                      中古の安い、おもちゃみたいなギターを

                      ジャラジャラ鳴らしてみたものの

                      そう長くは続かなかった。

                      理由は時間がないのもひとつではあったが

                      職人のごつい指で、到底コードを押さえることは不可能だと、

                      あきらめていたのも事実だ。

                      そしてあっという間に月日が経ち、半年ぐらい前のある日

                      置き去りにされたそのギターを鳴らしてみた。

                      弾けるようになりたい・・・練習してみようか・・・

                      という気持ちが今まで以上に強くなり、

                      時間がある限り、10分、20分と触るようになった。

                      コードすら何も分からず、ただジャラジャラとやってみたが

                      それがまた楽しい・・・

                      1つ、2つと簡単なコードを覚え、

                      3つぐらいのコードで繰り返し弾いてみると

                      不思議と音楽に聞こえる。できるかも・・・

                       

                      これが“50?の手習い”の始まりです。

                          

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      続きは次回へ

                       

                      category:- | by:HIROcomments(0) | -